ウォーキング ジョギング 自転車でカロリー消費が多いのは?

ウォーキング ジョギング 自転車 カロリー

毎日歩いているのですが、どうせ運動をするのなら、痩せやすい運動が魅力的ですね。

ウォーキング・ジョギング・自転車でカロリー消費量が多く、痩せやすいのはどの運動でしょうか? ちょっと、調べてみました。

スポンサードリンク

やはり、カロリーの消費が多くて痩せやすいのはジョギングでした。 ジョギングは、はまれば結構病みつきになりますが、太りすぎの人にはちょっとつらい運動です。

自転車の場合は、平坦な道をゆっくり走るのではなく、アップダウンのある道を30分とか走ると、かなりカロリーを消費してダイエット効果があります。 距離もかなりいきますよね。

ウォーキングはそんなにきつい運動ではないので他の運動に比べると消費量は少ないです。

よって、カロリー消費量を比較すると、一番はジョギング、次は自転車、最後にウォーキングになります。 より疲れるほうが、消費カロリーが多いと考えるとわかりやすいですね。

しかし、より疲れる運動を継続してやり続けるのは本当に難しいと思います。

ジョギング>自転車>ウォーキング

ですが・・・ 以前テレビで見た実験で、同じ距離ならジョギングよりウォーキングの方が体重が減少していました。

なぜなら、ジョギングはきつい運動なので、エネルギーに変えやすい糖質が使われて、ウォーキングはエネルギー消費がゆるやかなので脂肪を燃焼させるそうです。

同じ距離なら、走っても歩いても消費カロリーは同じ。 だったら、長く続けられるウォーキングがいいのではないでしょうか。

それに、走るとバストが揺れてなくなるらしいので、ナイスバディを目指すなら歩いた方がいいみたいですよ。

自転車はそこそこのスピードでこぎ続けないといけないのですが、信号にひっかかると休まなくてはいけません。この、休んでいる時間はカロリー消費しませんよね。

自転車は景色を見ながら爽快に走ったりすればステキですが、雨の日はおっくうだし、道路は交通事故の危険もあります。(特に夜は危険です)

スポンサードリンク

ダイエットをしてもお腹がへこまない

体重は希望通り減ったのに、お腹が出っ張っていてかっこ悪いと嘆いているのなら、それは運動の強度が不足しています。

~運動強度が不足の例~

  • 食事制限のみで痩せた人
  • ウォーキングのみの人
  • 軽いジョギングのみの人
  • ゆっくりと長距離を泳ぐ人
  • 自転車をゆっくりとこぐ人
  • ゆるいエアロビクス

有酸素運動は、着実にカロリーを消費して体重を減らせます。 しかし、皮下脂肪はあまり減らすことができません。 お腹をへこませたいなら、有酸素運動をしながらの筋トレがおすすめです。

筋トレは筋肉をつけるためだけにやるのではありません。 ダイエットをしている人は有酸素運動だけでは脂肪が落ちにくいので、脂肪を落とすために筋トレをやるのです。

ダンベルトレーニングは、上手にやれば意外なほどの効果があります。 だだし、ダンベルは下手にやるとひじとか痛めることがあるので気を付けてください。 (私も、下手にやって失敗したことがあります)

ウォーキングを続けて体重を着実に落として、ダンベル運動で脂肪を燃焼させるのが理想のようですね。

脚を細くしたいなら、こんな方法があります。参考にしてください。

太股痩せができるウォーキングの歩き方って

ついでに、私のゆる~い置き換えダイエットを教えますね。

ゆるゆるのダイエット法なので楽にできますが、きっちりと痩せます。

やり方はこちらに書いていますので、参考にしてください。

ベルタ酵素 ファスティングのやり方|私の成功方法教えます

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加