ほうれい線チェック たるみ対策はディセンシア・アヤナス

ほうれい線チェックをしてみましょう。

ほうれい線チェック タイプ

ほうれい線チェックをすると、原因が肌のたるみの場合が多いです。

法令線は老けて見える原因のNo.1でしょう。30歳を過ぎたころからじわじわと現れて、気がつくと鏡の前で、指を使ってしわ伸ばしなどをやっていました。

ちょっとだけ引っ張ると、意外と簡単に消えますよね~

もちろん、手を放すと元通りですけど。

老けて見える原因のほうれい線が消えたらと、誰もが願います。

整形美容に行く前に、自力で何とかしたいものです。

たるみには大きく分けて4種類あります。

ほうれい線、たるみ毛穴、二重あご、涙袋です。

これらは顔に現れるたるみで、たるみ毛穴用、目元クマ用などいろいろな化粧品がありますがこれらの化粧品はコラーゲンに働きかけるという点では同じです。

ビタミン誘導体、レチノール、ピーリング剤などがコラーゲンを増やす代表的な成分です。

これらを含む美容液をひとつ持って、しわやたるみ対策として、毎日の習慣にするといいですよ。

ほうれい線チェックと4種類のたるみケア

たるみには4種類あり、それぞれの特長がこちらです。

ほうれい線チェック タイプ

ほうれい線

口の両側にしわができます。このしわは表情ジワと違って、たるみが原因のしわです。だから、無表情でも消えないしわです。

口元の皮膚のたるみで頬の厚い脂肪が下がってきてできます。

ほうれい線は表情ジワに比べるととても深いシワで、できてしまうと消すのがむずかしいので、コラーゲン注入やヒアルロン酸注入が人気です。

深いしわを作らないためには紫外線対策が重要で、できれば禁煙も心掛けたいですね。

たるみ毛穴

初期のたるみは、頬などの毛穴の開きから現れます。

若いお肌はコラーゲンがたっぷりあり、毛穴をまわりから支えています。年齢とともにコラーゲンがゆるんできて、支える力が低下して毛穴が開いてきます。このたるみ毛穴がつながりしわになります。

二重あご

太ったわけでもないのに二重あごになるのはフェイスラインがたるんできたからです。

頬からあごには厚い脂肪があり、その脂肪を皮膚が支えきれなくなって下がってきます。俗にいう、輪郭がぼやけるというもので、あごのシャープなラインが失われます。

涙袋

目元の薄い皮膚がたるんできます。下まぶたがたるんで膨らみ涙袋なります。目元の老化は人によって違い、上まぶたが重く垂れ下がるタイプの人もいます。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

ほうれい線対策化粧品とは?

ほうれい線や小じわが目立ってくると老け顔になります。ほうれい線が目立つ敏感肌の方は健康的な肌の方より10歳以上老けて見えるそうです。

コラーゲン食品について

テレビのグルメ番組で、すっぽん鍋を食べてお肌がプルプルになると、タレントさんたちが喜んでいました。確かに、翌朝のお肌のハリが違うといいますが・・・果たして、本当なのでしょうか。

「鳥の手羽先やゼラチン、ふかひれなどのコラーゲンを摂ろう」とよく聞きますが、残念ながら、口から摂ったコラーゲンはそのままお肌のコラーゲンにはなりません。

コラーゲンの仕組みを調べてみました。

肉などのたんぱく質を食べるとアミノ酸に分解されて吸収されます。アミノ酸はまた体の中で、何らかのたんぱく質になります。その際、肌のコラーゲンになる場合や髪の毛のケラチンたんぱくになる場合など、いろいろです。

どこに使うかの指令を出すのがホルモンなのです。

年齢とともにコラーゲンが減るのは、原料のアミノ酸が減るのではなく、若さの維持に必要な成長ホルモンや卵胞ホルモン(エストロゲン)が減るからです。

また、女性は閉経後にエストロゲンが減少してホルモンバランスが崩れたり、更年期障害に悩まされたりします。

ほうれい線に効くアヤナスって?

目立ってしまったほうれい線や小じわには、高保湿でエイジングケアができる化粧品がおすすめです。

とくにハリ・弾力の元となるコラーゲンに注目した商品がおすすめですが、実はコラーゲン入りの化粧品はその分子の大きさから、ほうれい線やシワに効き目がないといわれています。

コラーゲンは分子が大きいので肌内部に浸透することができないのです。肌表面は潤いますが、残念ながら、エイジングケア効果は期待できそうにありません。

一般的なコラーゲン化粧品は真皮層や角質層にまで浸透することはありません。

でも、肌表面の保湿効果を高め、シワや乾燥から肌を守る効果があるので、美容液の水分が蒸発したあとも、肌に高分子の膜を張って水分を保ちながら保湿します。それにより、肌表面のうるおいを保つことができます。

美肌に効果がある成分として、いろいろな所で目にする「コラーゲン」ですが、塗るだけでお肌がピチピチになるというのはやはり無理のようです。

そこでおすすめがポーラ・オルビスグループの敏感肌ブランド「ディセンシア・アヤナスです。

「ディセンシア・アヤナス」にはポーラ研究所オリジナル成分で海藻由来の「CVアルギネート」という成分が配合されています。

コラーゲン生成を170%アップするという、海藻由来の成分です。

これは肌の外からコラーゲンを入れるのではなく、肌内部のコラーゲンの産生をサポートすることで、ハリ・弾力を170%アップしてくれるというものです。

気になるほうれい線やシワにもアプローチできるというすごい成分です。

ほうれい線チェック

「ディセンシア・アヤナス」は敏感肌専門ブランドなのがうれしいですね。敏感肌専門なので、だれでも安心してお試しができます。

ほうれい線を消すためにはコラーゲンが必要です。

そのコラーゲン生成を助ける成分が「ディセンシア・アヤナス」には配合されているので、エイジングケア効果が期待できます。

外からコラーゲンを入れるのが無理なら、身体の中からハリや弾力を与えてあげればいいという考え方です。

ほうれい線チェック

「ディセンシア・アヤナス」について、こちらにも詳しく書いています。ご覧ください。

敏感肌スキンケアで人気のブランドはどれですか?

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク