エイジングケア化粧品で人気があるのはこちらです!50代ならぜひ!!

エイジングケア化粧品で人気があるのはこちらです!

エイジングケア 化粧品 人気

エイジングケアで人気がある化粧品を集めてみました。

50代ならぜひ使ってみてほしいものばかりです。

肌のエイジングサインは20代後半から徐々に現れ始め、年齢を重ねるにつれてはっきりとお肌の老化を主張してきますよ。

本格的なエイジングケアが必要になった今こそ、できるだけ早くエイジングケアの化粧品を取り入れましょう。

お手入れ次第で、肌を美しく保つことができます。

スポンサードリンク

エイジングケア化粧品で人気があるのはこちら

エイジングケア 化粧品 人気

スキンケアの基本は保湿です。肌の水分量は年齢を重ねるにつれて減っていくので、乾燥しやすい肌にかわります。

乾燥した肌は老化が進みやすく、シワの原因になります。

エイジングケアのサインがあるなら、迷わずにエイジングケアの化粧品を試してみましょう。

相性のいいエイジングケア化粧品に出会えるかもしれません。

誰かがすごくいいとほめている化粧品でも、人によっては吹き出物ができたりします。

いろいろと、トライアルで試してみて選んでくださいね。

エイジングケア化粧品

リペアジェル トライアル

エイジングケア 化粧品 人気

価格:1,900円

成分:ビタミンC・・コラーゲン ・アミノ酸

リペアジェルは驚くほど濃密なオールインワン美容液です。エイジングケア美容液としてその実力が認められて、日本先端医療医学会の認定を受けています。

公式サイトはこちら

アヤナス トライアル

エイジングケア 化粧品 人気

価格:1,480円

成分:ヒト型ナノセラミド・シモツケソウエキス・VCアルギネート

「ディセンシア・アヤナス」にはポーラ研究所オリジナル成分で海藻由来の「CVアルギネート」という成分が配合されています。コラーゲン生成を170%アップするという、海藻由来の成分です。

公式サイトはこちら

アスタリフト トライアル

エイジングケア 化粧品 人気

価格:1,000円

成分:ナノリコピン ・高浸透型レスベラトロール ・アスタキサンチン

ジェリーアクアリスタはセラミド美容液です。アスタキサンチンとリコピンの赤が美肌にしてくれます。

公式サイトはこちら

ヒフミド トライアル

エイジングケア 化粧品 人気

価格:980円

成分:ヒト型セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲ

小林製薬の【ヒフミド】は保水力3倍のヒト型セラミドが配合されています。ヒト型セラミドは人間の皮膚に存在するセラミドと同じ構造のため、角質層に自然に浸透して、保水力を高めてくれます。

公式サイトはこちら

メディプラスゲル 

エイジングケア 化粧品 人気

価格:3,885円

成分:セラミド ・コラーゲン ・ヒアルロン酸 ・ビタミンC ・プラセンタ

敏感肌、乾燥肌の方におすすめのオールインワンジェルです。香料・合成着色料・合成乳化剤・防腐剤不使用にこだわったお肌にやさしい、製薬会社開発のドクターズコスメです。

公式サイトはこちら

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

アンチエイジング世代の化粧品の選び方

肌トラブルの5つの要因

  1. 光老化
  2. 酸化
  3. 乾燥
  4. 菲薄化
  5. 糖化

これらの要因が絡まり、しわ、たるみ、シミ、くすみといった年齢肌の悩みが現れます。

だから、エイジングケアは5つの要因への対策をすればいいんです。

5つの要因への対策ができる化粧品を選びましょうね。

光老化とは

光老化とは長年にわたって日光にさらされ続けた皮膚が慢性的な紫外線傷害により色素沈着(しみ)やしわを生じる太陽光線による加齢現象です。

真皮の浅い層の弾性線維が変性を起こして塊として沈着する光線性弾性線維症となり、皮膚の弾力を失ってしわやたるみを生じます。

光老化ではごわごわした厚みのある皮膚となり深いしわが形成されます。

また、メラニン産生が亢進(こうしん)して皮膚の色は濃くなり、しみが形成されます。

とくに、UVA波を長年浴びた結果として起こる皮膚の黒化はしみの原因になります。

>>光老化へのアプローチ成分はこちらです。

「m-トラネキサム酸」「レチノール」

酸化とは

お肌をはじめ、体が「サビる」ことを酸化反応と呼びます。

この酸化反応は活性酸素が引き起こします。

活性酸素が発生すると、生命活動の主役であるタンパク質やDNAを傷害し、その働きを低下させることが知られています。

活性酸素は、私たちが酸素を取り込み、エネルギーをつくるだけで発生してしまいます。

私たちはこの活性酸素の攻撃から身を守るために、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)などの抗酸化酵素や、ビタミンCなどの抗酸化物質で常に体を守っているのです。

>>酸化へのアプローチ成分はこちらです

「ビタミンE誘導体」「αリポ酸」「コエンザイムQ10」

乾燥とは

乾燥肌(ドライスキン)は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。

皮膚の水分は発汗などで減少し、体の内側または大気中の水分により供給され、皮膚の保湿は皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質によって保たれています。

乾燥肌の皮膚は表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。

年齢、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係しています。

>>乾燥へのアプローチ成分はこちらです。

「セラミド」「グリセリン」「酵母エキス」「ヒアルロン酸」「ローヤルゼリーエキス」

菲薄化(ひはくか)とは

菲薄化とは、菲薄化とは皮膚が薄くなることです。

歳を取ると皮膚は菲薄化していきます。

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどが減って、新しく肌細胞を作る力がなくなり、表皮が薄くなることで肌の弾力がなくなっていきます。

老化防止のためには、コラーゲンを補う必要があります。

>>菲薄化へのアプローチ成分はこちらです。

「コラーゲン」

糖化とは

「糖化」とは、体内のタンパク質や脂質が、「糖」と結びつく現象のことです。

「糖化」は肌を黄ぐすみさせて、ハリや弾力を低下させると言われているエイジングサインです。

体内のタンパク質や脂質は、血液中に余分な糖分があると結びつき、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成すると言われ、「糖化生成物」は、一度できてしまうと体内に蓄積されて、肌全体を黄色くくすませてしまうことがあります。

黄ぐすみを起こした「糖化肌」は、透明感に欠けるだけでなく、肌全体が硬くなり、柔軟性を失うため、老けた印象を与えます。

>>糖化へのアプローチ成分はこちらです。

(各企業がオリジナルで開発)

アヤナス:「シモツケソウエキス」

エイジングケア化粧品で人気があるもの まとめ

成分をよく見て、トライアルをお試しください。

あなたのお肌に合うものが見つかるといいですね。

エイジングケア 化粧品 人気

身体の外からエイジングケア化粧品でお手入れをして、内からは抗酸化食品を食べて美肌作りをすることをおすすめします。

体が「サビる」ことを酸化反応と呼びます。

活性酸素が体をサビさせて、美容や健康に悪い影響を与えているんです。

ビタミンCなどの、抗酸化成分を食品から摂って、体の中からエイジングケアをしていきましょう。

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加