肌のくすみを取る方法や改善策ありますか?

肌のくすみを取る方法

肌のくすみを取る方法

50歳を超えると、肌のくすみなど当たり前になってしまい、仕方がないなぁ・・・とあきらめていませんか?

肌のくすみを取る改善策はないのでしょうか?

調べました! 肌のくすみを消して、明るい印象になれますよ。

肌のくすみを取る改善策、それは酵素洗顔です。

酵素洗顔とは一体どのような洗顔のことなのでしょうか?

スポンサードリンク

肌のくすみを取る方法

普通の洗顔はお肌の汚れやターンオーバーで表面に出てきた古い角質を洗い流します。

それに対して酵素洗顔は、配合された酵素の力で角質の元であるたんぱく質を分解して、古い角質や小鼻の角栓を取ってくれます。

だから、角質がはがれ落ちてくすみが消えるし、毛穴の黒ずみも消えて、ツルツルのきれいなお肌になれるんですね。

肌 くすみ 取る

酵素洗顔料によっては、洗浄力が高すぎて必要なたんぱく質まで溶かしてしまうものもあるようです。

これは、合成の酵素を成分に使っているものに多く、お肌に与える影響が非常に強いので酵素洗顔料選びは慎重にしないといけません。 

角質ケアは毎日してこそ効果が出るんですよね。

洗顔料に使われている酵素の中でも天然酵素はお肌に優しくて、その中でも「パパイン」は不要な角質だけを判断して分解するという特長を持っています。

不要な角質は溶かし、必要な角質はしっかりと残してくれるので、毎日の酵素洗顔が可能になります。

だから、使われている酵素が合成か天然かをしっかりと見極めないといけません。

酵素洗顔料はお肌の表面の角質をどんどん落としてくれるので、お肌のくすみが消えて顔色がワンランク明るくなります。

毛穴の黒ずみも改善されるし、長期的に使えば、お肌のターンオーバーも早くなります。

ただし、肌荒れを起こしやすくなる可能性も否定できないので、使用方法はきちんと守ってくださいね。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

酵素洗顔の注意点

使用方法をきちんと守り、酵素洗顔に挑戦してみてください。一皮むけたようなツルツルのお肌が期待できますよ。

でも、酵素洗顔を行う上での注意点があります。お肌の刺激になってはトラブルが増えるだけですので、気をつけなくていけません。

メイク落とし 洗顔しない

酵素洗顔を行う上での注意点

肌のくすみを取る方法

酵素洗顔をすると古い角質がなくなり、基礎化粧品や美容液が浸透しやすくなります。

その分刺激に弱くなっているので、紫外線対策が重要になります。

元々ターンオーバーがきちんとできていて、肌の表面に古い角質など余分なものがない場合は逆にお肌が荒れるかもしれません。

刺激を感じたら、すぐに酵素洗顔を中止してください。

ニキビなどができてしまった場合もいったん酵素洗顔を中止してください。

角栓を取るつもりで酵素洗顔をしていても、ニキビの原因はさまざまです。

ニキビの原因のひとつに乾燥があり、洗顔で肌が乾燥しすぎると大人ニキビの原因になりますので、ニキビができたら使用を中止して、ニキビが落ち着くのを待ちます。

酵素洗顔料を泡立てたら、お肌に無駄に刺激を与えないように、たっぷりのきめ細かい泡でやさしく洗ってください。

決してこすり過ぎないように気をつけてくださいね。

酵素洗顔料の成分

肌 くすみ 取る

酵素洗顔料には、古い角質(たんぱく質)を分解して取り除く酵素が配合されています。

酵素洗顔料に良く配合されている酵素の成分はこちらです。

パパイン酵素

青パパイヤに含まれる酵素です。

不要な角質だけを分解して取り除くという特長を持っていて、生きている細胞(角質)には働きません。天然酵素の中でもパパインのみが持っている、お肌にやさしい酵素の特長です。

肌 くすみ 取る

ブロメライン(パイン酵素)

パイナップルに含まれる酵素です。

たんぱく質を分解する力が強く、生のパイナップルを食べると舌がヒリヒリと痛くなるのはこの酵素が働いているからです。

プロテアーゼ(天然酵母由来の酵素)

ヒトも持っているたんぱく質分解酵素なので、お肌へのダメージは最小限にとどまりますが、合成のプロテアーゼか天然のプロテアーゼか、由来をしっかりと確認してくださいね。

海洋複合酵素

深海より抽出された天然の酵素でたんぱく質を分解します。

抹消血管の血流がよくなり、新陳代謝を上げる働きや、健康な細胞はそのままに傷んだ肌細胞だけを掃除してくれる作用もあります。

肌 くすみ 取る

酵素洗顔のデメリット

古い角質を取り去り、ツルツルの美肌になれる酵素洗顔ですが、デメリットもあります。

合成成分で作られている酵素洗顔料を使った場合、お肌はツルツルになりますが、使用頻度などの用法をきちんと守らないと、かえってお肌を傷めます。

しかし、植物性の酵素は天然成分なので、お肌に不要な角質のみを取り除いてくれるので、乾燥肌や敏感肌の人でも使えます。

酵素洗顔料は天然成分の酵素洗顔料を選ぶことをおすすめします。

植物性酵素の主な成分

  • パパイン酵素
  • ブロメライン(パイン酵素)
  • プロテアーゼ(天然酵母由来の酵素)

合成酵素の主な成分

  • パパイン酵素
  • プロテアーゼ

成分表示の上ではどちらも名前は全く同じです。

しかし、合成酵素は天然酵素のように不要の角質のみに働くことができません。必要なたんぱく質までも分解してしまうと、お肌は刺激を受けてしまいます。

合成酵素は天然酵素の洗顔料よりコスト削減ができるので、安価な製品に使われることが多いようです。

商品のホームページやパンフレット等をチェックして、どんな酵素が使われているのかをきちんと調べた方がいいですね。

「天然」と明記されていないもの、あるいは「酵素配合」と表記されている程度のものは合成酵素の可能性が高いです。

酵素洗顔料についての詳しい情報はこちらからどうぞ

天然の酵素パウダー 公式サイト

肌のくすみを取る方法 まとめ

肌 くすみ 取る

くすみの原因は、ターンオーバーできずにお肌に残った古い角質の積み重ねです。酵素は老廃物やメラニンを含んだ角質を分解してくれます。

ターンオーバーを早くして、お肌のくすみを取ってくれる優れた酵素洗顔料で、ワンランク明るい透明肌になってみませんか?

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク