オーガニック 化粧品で人気のHANA|バラ精油セミナーに参加しました

オーガニック 化粧品で人気のHANA 代表・林田七恵さんからバラ精油のお話しを伺いました。

オーガニック 化粧品 人気

『バラ精油の魅力』HANA organic・林田七恵

「薔薇の魅力とホリスティック美容」というタイトルで、バラ精油のセミナーが開催されました。

開催地が福岡市内なので素敵なチャンスだと思い、参加をさせていただきました。

オーガニック化粧品のHANAは日本のオーガニックコスメとして人気があります。

私も、フローラルドロップ(化粧水)とムーンナイトミルク(乳液)、ウェアルーUV(顔用日焼け止め)を使っています。

バラの精油について詳しく教えていただき、楽しいひと時を過ごしました。

スポンサードリンク

オーガニック 化粧品で人気のHANAの代表 林田七恵さんのセミナーに参加

オーガニック 化粧品 人気

HANAは福岡市にあるオーガニック化粧品の会社です。

トライアルセットで試してみてバラの香りにすっかり魅了されました。

今は日焼け止めのウェアルーUVが大活躍中です。メイクのときは、バラの香りで優雅な気分になります。

ブルガリアの薔薇(バラ)の谷 ハーブの女王

オーガニック 化粧品 人気

古今東西の美女たち、クレオパトラ・エルジェベート・マリーアントワネット・西太后など、美と権力を持った女性たちはみな、年齢を重ねるにつれて薔薇の魅力に取りつかれていったそうです。

ブルガリアの薔薇の谷の女性たちは、祖母から母へ、母から娘へと代々薔薇の効能を教えられ、受け継いできました。薔薇の谷の伝承療法です。

ハーブの女王「薔薇」は7,000年の歴史を持っています。

民間療法として、女性の疾患に効くといわれ、初潮を迎えた女の子や、出産後の女性が産後の回復のためにローズウォーターを飲んだり、ローズのジャムを食べたりするそうです。

なんと、ローズウォーターは二日酔いにもすごく効くらしいです。

お腹が張っているときなどにもいいらしく、胃腸に良いものはお肌にも良いということで、ローズウォーターでお肌がきれいになるのです。

バラの精油の発祥

オーガニック 化粧品 人気

精油の発祥地はグラースです。

グラース(Grasse)は、フランスの南東部に位置する都市で、香水のメッカとしてよく知られています。

ローズウォーターを作るためのダマスクローズの70%はフランスのグラースで栽培されています。

昔、まだバラの精油を作る技術がなかった頃からバラの効能は知られていて、バラをお風呂に浮かべたり、ベッドに敷いたり、ラード(油)に押し付けて香りを移したりしていたそうです。

オーガニック 化粧品 人気

バラを蒸留する技術が発明されて、ローズウォーターが作られるようになりました。

ローズの精油(エッセンシャル)は副交感神経に作用して、細胞が生まれ変わるためにすごく効果があり、ターンオーバーを促すそうです。

だから、世界の美女がバラの魅力に取りつかれていたのですね。

私たちが薔薇に惹かれてやまない理由は「幸せを感じさせてくれるから」だそうです。

それにはちゃんと理由があっていて、多幸感(たこうかん)という状態になるのだそうです。脳内で快楽をつかさどる神経に、幸福感をつかさどる神経伝達物質のセロトニンが大量に放出されている状態です。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

薔薇の機能 女性ホルモンをつかさどる

オーガニック 化粧品 人気

脳の視床下部(ししょうかぶ)は感情・本能・ホルモン調整・をつかさどります。

視床下部の機能が混乱すると、生理不順や不妊、躁鬱(そううつ)、慢性疲労、敏感肌、老化の早期化などがおこります。

視床下部のバランスをとる効果が薔薇にあるのです。

薔薇の機能が解明されつつあります。

ローズのほかにも、クラリセージは女性ホルモンのエストロゲンの代わりをするといわれています。

ラベンダーやカモミールは自律神経に良く、ローズマリーは炎症を抑えます。

炎症を抑えると、赤くなった状態(シミになる前段階)で止めることができるのでシミになりません。

お肌にいる悪玉菌をやっつけてくれているのです。だから、シミやしわがなくなります。

あと、沖縄に自生するハーブの「月桃」もこの悪玉菌をやっつけてくれる力を持っています。

沖縄に自生するハーブの「月桃」を使った化粧水もおすすめです。

ダマスクローズ 世界一の産地ブルガリア

ブルガリアはダマスクローズの世界一の産地です。

ダマスクローズは古代から植物療法に使われてきた薬効高いハーブの女王です。

1年に1度、2週間しか咲かないダマスクローズを、ジプシーたちが早朝に歌いながら手で摘みます。ダマスクローズは特別な薔薇なのです。

薔薇の精油 ローズウォーター

オーガニック 化粧品 人気

薔薇の精油を一切取り除かずに精製されるローズウォーター。

オーガニックHANAのすべてのアイテムは、水を一切使わずにローズウォーターを配合しています。だから、バラの抗酸化、抗炎症作用がダイレクトに働きかけます。

年齢以上に老化が進んでいる肌は、免疫システムの過剰反応が原因です。

年齢以上の老化が進む肌は、常在菌バランスの乱れ、角質層のバリア機能低下、免疫細胞の機能異常などにより、常に異物の刺激にさらされています。

そのため、免疫システムが過剰に作動して炎症を起こして、実年齢よりも肌の老化が進んでしまいます。

常在菌はお肌に自然にいる菌で、お肌を守ってくれます。洗顔のやり過ぎやケミカルの化粧品を使い過ぎたお肌では、常在菌のバランスが乱れがちです。

常在菌のバランスが崩れると、微弱炎症によりコラーゲンやエラスチン繊維の断絶が起こります。つまり、しわができます。

また、微弱炎症により色素新着が起こります。つまり、シミができます。

HANAオーガニックはホリスティック美容

オーガニック 化粧品 人気

HANAオーガニックは100%天然、オーガニック処方です。伝承的なハーブとの組み合わせで、炎症を鎮めて自らの持つ肌の力を高めていきます。

HANAオーガニックは女性が本来の美しさを取り戻すためのホリスティックケアです。

「ホリスティック」は、「全体」、「関連」、「つながり」、「バランス」といった意味をすべて包含した言葉です。

精神・身体・環境がほどよく調和し、与えられている条件において最良 のクオリティ・オブ・ライフ(生の質)を得ている状態 』を健康と考える、より積極的な状態のことです。

エッセンシャルオイル(精油)で女性ホルモンアップ

女性ホルモンのエストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれています。

女性ホルモンは脳(視床下部)の指示で体内に生成される物質です。一生のうちに分泌される女性ホルモンは、なんとティースプーン1杯分だそうです。たったそれだけの量で女性の人生に大きく作用します。

女性ホルモンの分泌を向上させて、美人度をアップさせる方法とは?

★視床下部全体を活性化する。

規則正しい生活を送る、笑う、恋する、目標を持つ。

★自立神経のバランスを整える

日中の運動、ストレス発散、よく眠ること。

★鼻から直接脳に届くから、ダイレクト芳香療法

精油とは、植物が作り出すホルモンのような物質です。

特に、花精油は卵巣と同じです。植物の生殖器である花が作り出す物質のため、女性ホルモンに近い働きがあります。

精油は鼻から吸うと、嗅覚細胞に取り込まれ、直接脳に到達します。

★視床下部を刺激するマッサージ

指の神経マッサージをしましょう。神経細胞が密集する爪の生え際を刺激します。

反対の手の親指と人差し指でつまみ、ギュッと10秒刺激します。

爪の端下5mmくらいの個所をなるべくピンポイントで押してください。自立神経のバランスが整って、女性ホルモンがアップします。

女性ホルモンアップのための花の精油とは?

たくさんあるエッセンシャルオイル(精油)の中から、女性ホルモンアップのために選んだ花の精油がこちら。

嗅ぐだけでも女性ホルモンがアップします。

オーガニック 化粧品 人気

バラ

精油の中で、最も多い500以上の成分でできていて、万能薬的な多岐にわたる作用があります。女性ホルモンの働きを高め、自立神経の乱れを整えます。

オーガニック 化粧品 人気

クラリセージ(オニサルビア)

しそ科の花からとれる精油です。成分中のスクラレオールは女性ホルモン(エストロゲン)に似ていて、女性ホルモンのような働きをします。

月経周期の乱れや、更年期の悩み、また皮脂バランスを整え、女性らしいみずみずしい肌を作ります。

まとめ

オーガニックHANAのフローラルドロップ、ムーンナイトミルクには、ローズウォーターに加えて、さらに5の精油がブレンドされています。

クラリセージ、イランイラン、ラベンダー、ネロリ、ゼラニウム。

どれも、年齢とともに女性が失っていく機能を補ってくれるアンチエイジングのための精油です。

これらの成分とローズウォーターとの相乗効果でターンオーバーがうまくいけば、シミやくすみ、たるみなどすべてに効果が現れます。

ケミカルでない、自然の力を信じてみてください。

オーガニックHANAについてはこちらに詳しい記事を書いていますので、参考にしてください。

hanaオーガニックの店舗はどこにありますか?

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク