口臭ケアのおすすめ【うる藍バリア】でさわやかな息を手に入れる!

口臭ケアのおすすめ

口臭ケア おすすめ

口臭の悩みは深刻なんです。悩んだ人ならその深刻さがわかるでしょう。

私も、30代の頃に歯が原因の口臭に悩みました。

職場で、はっきりとは言ってもらえないのですが、歯医者にかかるのをすすめられました。

今思えば、はっきり言われているのも同じですね。

すごく高額な歯の治療をした挙句の口臭だったので、悩みました。

また、お金がかかる・・・

結局、その歯医者がいい加減な歯医者だったのですが。

でも、話をしていると顔を背けられたり、子供にははっきりと「臭い!」と言われて・・・

それで、思い切って歯医者を変えて治療してもらいました。

当然、高額な治療費になりましたが、おかげさまで口臭の元がなくなり、話をしていて顔を背けられるというような、最悪の状態からは抜け出せました。

でも、あの時の人々の反応はつらかったです。

思いやりのない人もいますから、かなり傷つきました。

歯医者にかかるのをすすめてくれた人は、思えば親切な人でしたね。

口が臭いなんて、なかなか人に言えませんから。

スポンサードリンク

口臭ケアのおすすめ

口臭ケア おすすめ

口臭を指摘してくれるのは、身内か親切な友人。

口臭に気が付いたら、何が何でもその原因を突き止めて、口臭のない人生を送りましょう。

口臭ケア おすすめ

口が臭いからと顔を背けられるのは、死ぬほどつらいですから。

落ち込み、自然と口数も減ります。

私も、誰にも会わなくていい、無人島で暮らしたいと本気で思いました。

考えられる口臭ケア

口臭ケア おすすめ

口臭の原因はたくさんあります。

ひとつひとつ、思い当たることがあれば原因をつぶしていきましょう。

虫歯や歯周病

口臭の主な原因は虫歯や歯周病、磨き残しによる歯垢や歯石です。

虫歯の人と話すと、そのきつい口臭で「この人虫歯がひどいんだ」とすぐにわかります。

だから、口臭に悩んでいるなら、まずは歯科医院に行って、虫歯の治療を済ませます。

そのとき、歯医者さんは「歯茎の治療」といって歯石を取ってくれます。

歯周病の元を取ってくれますので、口臭が減ります。

治療のあとは、普段からフロスや歯間ブラシを使って、毎日歯と歯の間をきれいにしましょう。

これで、かなり口臭の元を絶てますから、歯科医院へは定期的に通って、歯石を取ってもらうことをおすすめします。

舌磨き

舌はかなりの悪臭を放つことがあります。

その原因は白い舌苔です。

口臭ケア おすすめ

本来は唾液によって洗い流されたりしますが、舌磨きの器具を使って舌苔を取るのも口臭をなくす方法のひとつです。

普段から、よい唾液が出るような生活習慣を心がけます。

リラックスをすると、唾液の分泌は促進します

唾液の分泌を促進させる”あいうべ体操”をご紹介します。

高齢者も多く悩まされているドライマウスは、口呼吸が原因の1つです。

口呼吸を鼻呼吸にできれば、ドライマウスを改善することも可能です。

副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で、ずっと口臭に悩まされる方もいます。

耳鼻科で定期的に治療を行えば、たとえ慢性でも改善しますし、口臭になるほどの状態からは抜け出せます。

蓄膿症で一番辛い症状は後鼻漏によって舌の奥に鼻水が常時垂れるために放つ異臭です。

手術して治すかどうかは医者が判断してくれます。

コツコツと治療を続ければ、手術をするほどの状態ではなくなります。

ただ、慢性副鼻腔炎は完治はむずかしいです。

体質によりますが、コツコツ治療以外はないのかも。

口臭になるほどの状態は治療すれば改善します。

膿栓

喉の奥には 扁桃と上咽頭というリンパがあり、まず入ってきた菌やホコリだけでも炎症をおこし、撃退していきます。

その時に 異常な乾燥をしていると炎症がひどくなり、膿栓が出来あがります。

膿栓はかなりの臭いになりますので、耳鼻科での吸引か扁桃マッサージ治療で膿栓を除去します。

膿栓をとったら それで匂いが消えるかというとそうでもなく、膿栓が長時間停滞することでさらに炎症になります。

扁桃炎で膿栓があるということは、ほぼ同時に慢性上咽頭炎がありますので、上咽頭炎が治っていくと膿栓もできにくくなります。

内臓疾患

なにかの病気にかかり、それが口臭として表に出ることがあります。

よく、胃が悪いと口臭がするといいます。

胃腸などの内臓由来の場合は胃痛などで自覚できますが、痛みが出ない場合がこわいので、毎年健康診断を欠かさずに受けることも大事です。

心因性口臭

4年程前から口臭で悩んでおり、まわりの人の仕草や表情が気になって精神的に疲れてしまいました。

「きっかけは大学1年の頃に始めたスーパーのレジのバイトでした。お客さんが鼻をおさえたり、うっというような顔をするので、あっ、わたし口臭いのかな……と。

それからは歯間ブラシ等を使って歯みがきをそれまで以上にしっかりやるようにしたり、飲み物は水かお茶を飲む、うがいをこまめにする等、色々しましたが改善されませんでした。

商社の事務職に就いてからも、向かいの席の先輩が常に手で鼻をおさえていたり、パートさんが鼻をすすりながらこちらを見てきたりして、あぁ臭いんだな……と落ち込むばかりでした。マスクをしても同じでした。

就職してお金に余裕ができたので、口臭治療で有名な歯科医院に通った際に医師から「確かに口臭がありますね」と言われ、機械で検査をし、数値を確認したのでたしかに口臭はあるようです。

歯科医院に通っても周りの仕草もかわらず、仕事も激務だったためにストレスで体調を壊し、3月に仕事を退職しました。

このままではいけないと転職活動をしようと思うのですが、口臭が気になってなにもやる気が起きません。

人と話すのも電車に乗るのも怖くて。

口臭の原因が虫歯や歯周病なら治療で改善できます。

治療をしても、まだ臭っているのではと思い込み、精神的にまいる人は心因性口臭の場合があります。

心因性口臭は口臭はほとんどないにも関わらず、周りの人の仕草で思い込みをしてしまう事で発症します。

口臭測定器で問題ない数値になっているのなら、心療内科等の受診を考えてみてください。

口臭ケアのおすすめ まとめ

口臭ケア おすすめ

私も口臭を指摘されて落ち込み、歯科医院での治療のあとも、ずっと「口臭がある」と悩み、思い込み続けました。

たぶん、心因性口臭になっていました。

歯医者の先生にしつこく、口臭があると訴えては、そんなことないですよと否定されていましたから。

手を尽くして口臭を改善したなら、あとはリラックスする以外ないのかも。

おすすめはコチラ

口臭でお悩みの方に「うる藍バリア」 口臭ケア おすすめ

口臭ケアに「うる藍バリア」を使ってみました。

口臭を気にして悩んでも仕方がないので、できる限りのことをやりましょう。

「うる藍バリア」は口内環境を整える成分を贅沢に配合しています!

口で溶かして飲むだけなので、いつでも使えますよ。

人と会う前に使うと安心します、重宝しますよ。

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク