フォトフェイシャルの効果とは?|肌の経過と効果を持続せるコツとは?

フォトフェイシャルの効果とは?

フォトフェイシャル 効果

フォトフェイシャルとは、光美顔のことです。

光を使って顔のシミやくすみ、ニキビ跡などを改善します。

IPL(インパルス・パルス・ライト)という光を顔に当ててシミを薄くしたり、たるみの改善が期待できるんです。

フォトフェイシャルでは、複数の波長の光を同時に照射するので、複数の肌の症状に対して施術ができます。

ただし、レーザー治療は単一の波長をもった光を使って施術するのでパワーが強いので、シミ取りだけなら、フォトフェイシャルよりレーザーをおすすめします。

スポンサードリンク

 

フォトフェイシャルの効果とは?

フォトフェイシャル 効果

フォトフェイシャルはレーザーよりパワーは弱くなりますが、いろいろな肌の悩みを改善することによって、アンチエイジングが行えます。

皮膚の真皮層には線維芽細胞という、コラーゲンを生成する細胞があります。

フォトフェイシャルでは、フラッシュの熱で、この細胞に刺激を与えて活動を活発にします。

その結果、コラーゲンが増えて、しわが改善され、肌にハリがよみがえります。(アンチエイジング作用)

フォトフェイシャルでは目的により、光の種類を変化させることができます。

症状にあった波長のフラッシュ照射が可能なんです。

シミ、色素沈着、くすみなどに効く波長、赤ら顔に効く波長、肌の奥のメラニンに効く波長など、フォトフェイシャルの機器のヘッド(波長)を変えることで、それぞれの肌の悩みに対応した治療ができます。

フォトフェイシャルで期待できる効果

  • シミ・そばかす・色素沈着
  • 赤ら顔
  • ハリや弾力やツヤの衰え
  • シワ
  • 毛穴の開き

同じシミを薄くする治療でも、レーザーとフォトフェイシャルでは照射の回数が違います。

レーザーはパワーが強いので、照射の回数は少なくなります。

肌の表面のシミはフォトフェイシャルでも十分に改善されます。

反対に、肌の奥にあるシミではレーザーの方が有効です。

フォトフェイシャルの効果と経過

フォトフェイシャル 効果

フォトフェイシャルはシミなどを薄くしながら、アンチエイジング効果も期待できます。

コラーゲンの生成に関わる線維芽細胞を刺激するので、お肌にハリがでるんですね。

しわやほうれい線などを改善でき、アンチエイジングにはフォトフェイシャルがおすすめです。

フォトフェイシャルは一度にいろいろな波長の光を照射できるので、シミ、しわ、たるみと幅広く効果が現れます。

レーザーはパワーが強い分、痛みが強いのですが、フォトフェイシャルはレーザーに比べて痛みの心配がそれほどでもないのがうれしいですね。

ただし、レーザーに比べて照射回数が多くなるので、シミなどの経過を見ながら施術をしていきます。

美容皮膚科などでフォトフェイシャルを受ける場合、基本的にダウンタイムはありません。

照射時間は、顔全体で10~20分くらいですが、照射後クールダウンをします。

だいたい、30~40分程度で1回の治療は終わります。

フォトフェイシャルを受けると、お肌が刺激に対して敏感になります。

照射当日は日焼け止めを使い、しっかりと紫外線対策をしてください。

最近はフォトフェイシャルに高周波を組み合わせた「フォトRF」が人気です。

高周波をプラスして、皮膚の奥まで作用させて、シミ、しわ、たるみの改善をします。

フォトフェイシャルでは、1回の治療ではシミへの効果は期待できませんが、複数回受けて徐々に薄くなることを期待します。

特にシミを薄くしたいならレーザーをおすすめします。

痛いですが、確実にシミが薄くなりますから。

フォトフェイシャルでは、お肌のハリや赤ら顔などに効果があるので、こちらは期待してください。

アンチエイジング作用があるので、ハリがよみがえり、リフトアップも叶います。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

フォトフェイシャル効果の持続

フォトフェイシャル 効果

フォトフェイシャルの効果は、1~2ヶ月程度持続します。

定期的にフォトフェイシャルを受けると、透明感やつやのある肌が持続できるようになります。

フォトフェイシャルの効果を高めたり、持続させるためには、1~2ヶ月間隔で、定期的に受けましょう。

1回では効果があまりわかりませんが、回数を重ねると効果が高まります。

シミに関しては、美白効果を高めるために外用薬としてビタミンC誘導体配合の化粧品や、ハイドロキノン、内服薬としてビタミンC・E、トラネキサム酸などが処方されることもあります。

治療の1回目で、シミが薄くなったという方もおられます。

肌の色が明るくなったり、肌触りが改善されます。

治療の2回目では肌の色が明るくなり、化粧乗りがよくなります。

3回目以降では、シミが薄くなり、肌の色が明るくなったという方が多いです。

より効果を実感するには、複数回の治療を受けるのがコツです。

またフォトフェイシャルの効果は半年ほどもつともをいわれています。

フォトフェイシャルの効果を持続させるためには、年に数回の治療を継続して受けることが必要になります。

フォトフェイシャルの効果が現れる回数とは?

フォトフェイシャルは、3週間から1ヵ月おきに5回程度行います。

はじめに5回受けてシミやそばかすをきれいにしてもらい、そのあと3ヵ月おきにメンテナンスのつもりで受けると効果が持続できます。

フォトフェイシャルは、1回の治療費が3万円くらいなので、5回受けると約15万程度となります。

フォトフェイシャルの効果 まとめ

フォトフェイシャルは、シミ・そばかすといったメラニンが原因で起こる肌トラブルや、しわや赤ら顔などあらゆる症状を同時に改善することができます。

施術後のダウンタイムも少なく、安全性が確立された治療法といわれています。

ネックは15万円以上かかる、治療費ですね。

私が最近気になっているのが、フォトフェイシャルができる家庭用美顔器です。

フォトフェイシャル 効果

家庭用美顔器は、美容皮膚科の治療に比べるとずっと穏やかです。

それに、いつでもフォトフェイシャルができます。

おすすめは、杉本彩さんプロデュースの「ララルーチュRF」です。

フォトフェイシャル以外にも機能がたくさん搭載されています。

ララルーチュRFについて、こちらに詳しい記事を書いていますので、参考にしてくださいね。

ララルーチュ RFの効果と使い方|さすが杉本彩だねぇ

家庭用美顔器は、思っている以上に効果が出ますので、ぜひ検討してみてください。

おすすめです。

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク