日焼け止め 敏感肌のランキング|ポルクは飲む日焼け止め

日焼け止め(敏感肌)のランキングです。

日焼け止め 敏感肌 ランキング

日焼けは肌の色が黒くなるという、見た目だけの問題ではありません。

紫外線を浴びるとお肌が傷みます。

海のそばで、一年中紫外線にさらされて生活している漁師さんの赤銅色の肌はすごいです。

日焼けした素肌にはびっくりするほど深いしわが刻まれていますね。

海に出るとさえぎるものがありません。

紫外線を浴び続けないと仕事ができないのですから。

私たちも、漁師さんほどではありませんが、一日中紫外線にさらされています。

お肌を深いしわから守るためには、紫外線カットは必須ですね

スポンサードリンク

日焼け止め(敏感肌用)のランキング

日焼け止めを塗りたいけれど、肌が弱くて、肌に合う日焼け止め探しに苦労している方のために、敏感肌でも使える日焼け止めを探しました。

優秀な人気の日焼け止め(敏感肌用)を3つご紹介します。

NOV ノブ UVシールドEX

日焼け止め 敏感肌 ランキング

2700円 30g

SPF50+ PA+++

ノンケミカルの日焼け止めです。

敏感肌の人でも安心して使えるよう考えて作られており、病院や薬局で勧められて知ったという人が多いです。

化粧下地としても使え、普通の洗顔で落とせます。

お肌の色が暗めの人からは、白浮きするという声もありますが、色白さんには高評価です。

ノブの日やけ止めはお肌が敏感な方にもお使いいただけるよう、全品紫外線吸収剤を使用しておりません。

しっとりうるおう、なめらかな伸びの日やけ止めクリームです。

NOV ノブ UVシールドEXはこちらから購入できます。

全成分表示

水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、ジメチコン、ネオペンタン酸イソステアリル、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、PEG-75、グリセリン、PEG-9ジメチコン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン 、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水酸化Al、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ハイドロゲンジメチコン/オクチルシルセスキオキサン)コポリマー、 (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー 、シリカ、ステアリン酸イヌリン、トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、塩化Na、含水シリカ、フェノキシエタノール

ユースキンS UVミルク

日焼け止め 敏感肌 ランキング

900円前後 40g

SPF25 PA++

ミッフィーちゃんもカワイイ、ノンケミカルの日焼け止めです。

デリケートな赤ちゃんにも使える安心のやさしさと、1000円以下という驚きのコストパフォーマンス!

紫外線吸収剤無配合で、落とす時には石けんで簡単に落とせます。

優しく使い心地も良いですが、落ちやすいので2、3時間おきに塗り直すのが良いです。

うるおい成分「しその葉エキス」を配合。 紫外線を防ぐ効果と、お肌へのやさしさの両立を考えた低刺激処方の日やけ止めです。

ユースキンS UVミルクはこちらから購入できます。

全成分表示

水、パルミチン酸エチルヘキシル、酸化チタン、BG、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン、トリエチルヘキサノイン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、アルミナ、グリセリン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、シソエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、ポリソルベート80、イソヘキサデカン、ベヘニルアルコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ヤシ脂肪酸スクロース、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン)コポリマー、キサンタンガム、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、メチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、メチルパラベン

2E(ドゥーエ)日やけ止め(ノンケミカル)資生堂

日焼け止め 敏感肌 ランキング

2,310円 40g

SPF45・PA++++

皮膚科医も勧めるお肌にやさしいノンケミカルの日焼け止めです。

敏感肌でも問題なく使えるとリピートしている人も多いです。

よりお肌が敏感な方に配慮し、紫外線散乱剤のみを配合したノンケミカルタイプの日焼け止めです。

落とすときは、普段お使いのクレンジングをご使用ください。メークをしていない場合は、洗顔料の2度洗いで落とせます。

2E(ドゥーエ)日やけ止めはこちらから購入できます。

全成分表示

 シクロメチコン,水,BG,ジメチコン,テトラオクタン酸ペンタエリスリチル,ジメチコンコポリオール,グリセリン,ポリメタクリル酸メチル,シリカ,ジステアリン酸Al,ジステアルジモニウムヘクトライト,セスキイソステアリン酸ソルビタン,キシリトール,イソステアリン酸,水酸化Al,メタリン酸Na,トコフェロール,酸化亜鉛,酸化チタン

日焼け止めのおすすめ 顔用・体用

日焼け止めは顔用と体用(ボディ用)に分かれています。

日焼け止めは顔用と体用を兼用してもいいのでしょうか?

結論として、体用の日焼け止めは刺激が強めなので、顔に塗ると肌への負担がおおきくなります。

肌荒れをしてしまうこともありますので、体用を顔に使うのは控えた方がいいでしょう。

反対に、顔用を体に塗っても大丈夫です。顔用の日焼け止めは刺激が少なく作られているので体にも使えます。

ただし、顔用の日焼け止めは価格が高めなので、ボディに使うのはもったいないです。

費用を考えると、体には体用の日焼け止めを使いましょう。

スポンサードリンク

ポルクとは?

ポルクは飲むことで日焼けを防ぐ、日焼け用のサプリメントです。

欧米人は紫外線に弱いので、海外では内側からの紫外線対策が当たり前になっています。

日焼け止め 敏感肌 ランキング

日に焼けるのは、肌だけではないのですね。

飲む日焼け止めなら、日焼け止めを塗れない、目や唇にも効果があります。

日傘に日焼け止めとどんなに頑張っても、足の甲や耳、首の後ろなど、うっかり塗り忘れて、焼いてしますこともあります。

朝2錠飲むだけで一日中効果が続くので、日焼け止めを塗り直し手間がいらないのもうれしいメリットです。海やプールでも、塗り直しを気にする必要がありません。

もちろん、塗り残した部分が日に焼けた、なんて失敗もありませんね。

ポルクの主原料

気になるのが成分です。

主成分は天然の植物(シダ植物の一種)とシトラスオレンジからつくられています。

ポルクの主原料はシトラス成分(グレープフルーツ)とハーブ成分(ローズマリー)です。

シトラス成分・・・細胞の外で活性酸素を消去

ハーブ成分・・・脂肪の中で活性酸素を消去・抗炎症物質

美容成分も配合されています。

ポルクの成分は日焼け止め効果の成分だけではなく、美容効果のある成分も配合されています。

日焼けを防ぎながら、お肌の潤いも保ちます。

クロセチン

肌の炎症の緩和やシミ改善、予防

ルテイン

目だけではなく、しっかりと肌の保護

紫外線、可視光線から最もダメージの強い青色光を吸収

目だけでなく、肌の保護にもつながります。

ザクロエキス

強い抗酸化物質と抗がん作用を持つとされています。

リコピン

活性酸素を減らす効能

フィッシュコラーゲン

潤い、シワ、角層状態の改善

ACGコンプレックス

肌の毛穴、シワを軽減し、シミUVシミを防ぐように設計された食品有効成分複合体

ポルク 日焼け止めのメリット

日焼け止めを塗るとビタミンDが体の中で作られないデメリットがありますが、飲む日焼け止めならビタミンDの体内生産を阻害しません。

ビタミンDには下記のような効果があります。

  • 骨や歯を丈夫にする効果
  • 糖尿病を予防する効果
  • 免疫力を高める効果
  • インフルエンザ予防効果

ビタミンDは大事な栄養素なのです。

ポルクのサプリはこちらから試せます。

日焼け止め 敏感肌 ランキング

お肌が敏感肌で日焼け止め探しに苦労しているなら、日焼け止めのサプリは使えます。

サプリメントだけでは不安なら、初めは肌にやさしい日焼け止めと併用してもいいと思います。

紫外線は肌の老化を進める、一番の原因です。紫外線をカットできればお肌はキレイなままです。

洋服に隠れた胸やお腹のあたりのお肌がきれいなのは、紫外線が届いてないからにほかなりません。

まとめ

紫外線さえなかったら、深いしわも関係ありません。

お肌の老化は紫外線カットで止められます。

紫外線をカットしてくれるサプリメントは今後、日本でも増えていくと思いますよ。

敏感肌にはオーガニックの日焼け止めがおすすめです。

イチオシはこちらの記事に書いています。

日焼け止め【敏感肌】のおすすめはどれですか?

紫外線カットには、UVカットパウダーも人気がありますね。

UVカットパウダーについて、こちらに詳しい記事を書いていますので参考にしてください。

UVカットパウダーについて。スプレーとパウダーで悩んでいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加