リキッドファンデーション ブラシの使い方を教えてください

リキッドファンデーション用ブラシの使い方とは?

リキッドファンデーション ブラシ 使い方

リキッドファンデーションは手やスポンジで塗るものとばかり思いこんでいました。

まさか、ブラシで塗るなんて、想像もしてなかったです。

メイクテクニックは日々進化をするのですね。

【ナイナイアンサー】に出演される、ピカ子さん使用のファンデーション用ブラシが評判になっています。

 リキッドファンデーション ブラシの使い方

 ピカ子さんはメイクアップアーティストとして天才らしいですね。

ほかにも、オネェ系キャラの美容家さんをテレビでお見掛けしますが、ピカ子さんは一回のメイクレッスンが数万円するという、人気のメイクアップアーティストさんです。予約は数年先まで埋まっているそうですね。

【ナイナイアンサー】ピカ子さんがメイクをするときに使っているのが「O WOW ファンデーション ブラシ」です。輸入品で、7,000円くらいはするようです。

リキッドファンデーション ブラシ 使い方

O WOW ファンデーション ブラシの商品説明

極細毛で、とても柔らかなファンデーションブラシ。

いつものファンデーションが、驚くほどムラなくフィットし、エアブラシの様な仕上がり効果があります。

弾力のある軟毛ブラシは、肌に摩擦を与えず、負担をかけません。

ご使用方法

ブラシにファンデーション少量をなじませ、ポンポンと優しく叩く様に塗布します。 

もちろん、日本製の優秀なブラシもたくさんあります。

リキッドファンデーションをつけるときに、ブラシでつけるときれいにつきます。

50代におすすめのリペアリキッドファンデーションも、ブラシでつけてみるとより自然な仕上がりになりますね。

ピカ子さんのようなメイクテクニックを持っていなくても、ちょっとしたコツを覚えればブラシを使ってのメイクもいけます。

ファンデーションのおすすめは「美容液でできたリペアリキッドファンデーション」ですが、こちらの記事に使ってみた感想などを詳しく書いています。参考にしてください。

リソウ リペアファンデーションのトライアルを試しました

リキッドファンデーションのきれいな塗り方

初めてメイクでブラシをするのを見た時に、なんだか違和感がありました。

ブラシって、お粉をつけるためのものだとばかり思いこんでいたからです。チークとかアイシャドウとかミネラルファンデーションとか、ですね。

ファンデーションをムラなくきれいに塗るのはけっこう難しいのです。

実は、ファンデーションブラシを使うと比較的簡単に、ベースメイクがきれいな仕上がりになります。

パフやスポンジでつけるよりも、お肌に力がかかりにくいので、肌への負担が軽くなるメリットもあります。

リキッドファンデーションは高いカバー力が魅力です。

さらに、ブラシを使えばリキッドファンデーションで透明感のあるお肌に仕上げることができます。

ブラシで塗ると、毛の1本1本で細かくなじませていくため、毛穴やしわなど肌の凹凸にもしっかり塗ることができ、ごく薄く均一に仕上げることができるのです。

「リペアリキッドファンデーション」は50代の素肌をきれいに見せてくれるおすすめのファンデーションです。

こちらの記事に使ってみた感想などを詳しく書いています。参考にしてください。

リソウ リペアファンデーションのトライアルを試しました

リキッドファンデーションの場合のブラシの使い方

ファンデーションの塗り方で、お肌の仕上がりが違ってきます。ファンデーションの量が多いと厚塗りの原因になるので気をつけてください。

まず、手の甲にリキッドファンデーションをおいて、ブラシの表面にリキッドファンデーションをとっていきます。

ブラシにリキッドファンデーションが吸収されるので、やや多めに出します。

ここで出した量で顔全体を仕上げます。塗る順番と方向を間違わないようにしてください。

まず、頬、あごなどの広い部分にファンデーションを置いて、顔の中心から外側に向けてブラシで塗っていきます。

クマが気になるなら、目の際までファンデーションをつけますが、ナチュラルに仕上げたいなら、目の周りや口の周りは薄めにすると厚塗りに見えません。

目の下や額、眉間はブラシを左右に動かしながら、軽くタッチするように塗っていきます。小鼻の周りは塗残しがないように、筆を小さく回転させて細かく塗ります。

フェイスラインはブラシを軽く持って、顔の外側に向かってなじませます。

ピカ子メイク ブラシの使い方の動画

ナチュラルメイク風 解説

ブラシの先に軽くリキッドファンデーションを取ります。

ファンデーションを目元の際まできっちり塗ってクマをカバーします。

顔の中心は厚めに、側面は薄めに伸ばします。

フェイスラインが上がって、小顔効果もばっちりでます。

フェイスパウダーはふたをしたまま軽く振って、パフに適量のパウダーを乗せます。

ルーセントタイプのお粉で、女性らしい肌質を作ります。

パウダーをパフにしっかりもみ込みます。

ブラシで乗せたファンデーションをずらさないように垂直に軽くパッティングします。

 

ファンデーションブラシを使うメリットは?

ファンデーションブラシを使うとムラなく、透明感のある肌に仕上げることができます。

しかも、うす付きですがしっかりフィット。毛穴をカバーしてナチュラルメイクに仕上がります。

ブラシを使うと意外とうまくファンデーションがつけられます。

自然に仕上げたい、透明感がほしい、薄付きで軽い仕上がりを望むなら、ブラシはベストアイテムです。

量の微調整が簡単なので、細かい部分にもしっかりのせることが出来ます。

引き算メイク

ピカ子さんのメイクは引き算メイクですって。

50代のメイクも引き算のほうがいいみたいです。

昔風の、ピカ子さんの言葉で言うなら、流行おくれのメイクをしていませんか?

50代は本当の意味で引き算メイクをしないと、なんだか派手な、メイクの濃いおばさんになってしまいます。

引き算メイクをもっと知りたいですね。「ナイナイアンサー」とか、毎週真剣に観ています。

女優さんのすっぴんは、自然でキレイですね。

50代のお肌にぴったり合うファンデーションはこちらです。

リキッドファンデーション,ブラシ,使い方

リソウリペアリキッドファンデーションのトライアルセット

リソウのリペアファンデーションは、私が出会ったファンデーションの中では最上級のファンデーションです。

50代の肌にすっと伸びて、自然な感じに仕上がります。

できるだけ自然なメイクを心がけています。

若い子のようなバッチリ決めたメイクはもう似合いません。かえって不自然で、カッコ悪くって。

自然で上品な女性になりたいです。

100%天然由来の、美容液でできたリキッドファンデーションの詳しい記事を書いていますので、参考にしてください。

リソウ リペアファンデーションのトライアルを試しました

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加