食欲を抑える方法を教えてください。食欲が止まりません。

食欲を抑える方法を知りたくありませんか?

食欲を抑える方法

『食欲を抑える方法を教えてください。食欲が止まりません。』

食欲さえ止まれば、きっと痩せられる!

人より強い食欲が肥満の原因ですよね。食べたいという欲求が薄ければ、太りません。

食べ過ぎて痩せられないなら、食欲を抑える工夫をしましょう。

食欲を抑える方法さえ知れば、もっと楽に痩せられるはずです。

スポンサードリンク

食欲を抑える方法はありますか?

誰でも、食べるのは大好きです。

特に、おいしいものを食べるのは幸せの代表でしょう。テレビを見ていると、グルメ番組の特集が放送されていて、おいしそうなものばかり紹介されていますね。

おいしいものを食べるのはみんな大好きですが、おいしいものをたくさん食べてしまうか、少しで満足するかで、体型が変わってきます。

食欲を抑える方法を知り、少しの量で満足できるようになれば、グングン痩せます。

でも、お腹がすいてしまうと「何かを食べたい」という欲求が強くなり、ついついたくさん食べてしまいます。

よく、ダイエットをする人に推奨されるのが、糖尿病を患っている人が食べる「糖尿病食」です。

きちんとカロリーが計算されていて、健康になれる食事です。

食欲を抑える方法

余談ですが、刑務所で出される食事はきちんと管理されているので、刑務所で出されるような食事を続けると痩せられます。

ホリエモンこと堀江貴文さんも刑期中に痩せて、出所後もその体型を維持しています。

食欲を抑える方法

「糖尿病食」や「刑務所の食事」で満足できれば、健康的に痩せられるということです。

ダイエットは急いではいけません。

時間をかけてゆっくりと痩せていくのがベストなので、「糖尿病食」で一日の食事を済ますことができれば、ダイエット成功者になれます。

わかっているけどやめられないのが食欲のままに食べてしまう食生活です。

この食欲を抑えることができれば、スリムな昔の体型戻れますよ。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

絶対に痩せてきれいになる!

誰だって、若い頃のスリムだったきれいな自分を忘れていないでしょう?

苦しい思いをするダイエットより、ワクワク楽しくやるダイエットの方が長続きするに決まっています。

そのためには、ダイエットに成功してきれいになった自分をできるだけはっきりイメージするのが大事です。

若いころスリムだった自分自身の写真や、憧れのきれいなモデルさんのスレンダーな写真を壁に貼り、こんな風に痩せると宣言します。

家族に妄想と言われようと、気にしません。イメージするのは勝手ですからね。

「絶対に痩せてきれいになる!」と自分で自分に思い込ませるのに効果があります。

自己暗示ですが、目に見える形にした方が、頭の中でイメージするよりインパクトがあります。

「できるわけがない」と初めから思ってしまうと、脳の働きは間違いなく「やっても仕方がない」につながります。

こんなマイナス思考でダイエットをするより、大げさでもプラス思考の方がうまくいきます。

必ず痩せることができる!

ダイエットが成功するかどうかは、どれくらい切実に減量を望んでいるかにかかっています。

テレビのダイエット番組で、太っていることが理由で男性に振られた女性が、見返すために必死でダイエットをしてきれいになっていますよね。

あの「絶対にやせよう」という強いモチベーションがいります。

ダイエット番組でいっている「ダイエットの神が舞い降りた。」という状態ですね。

初めは誰でも強いモチベーションでダイエットを始めるのですが、なかなか続かないのが人間です。

でしたら、目に見える形で、心の弱さを少しでもカバーする工夫をしましょう。

太っていることをバカにした人の写真とか、見返してやりたい人の写真を冷蔵庫に貼っておくと、夜食の誘惑に勝てそうではありませんか?

食欲を抑える方法

折れ線グラフが下を向く

毎日体重をはかって、壁に貼ったグラフに書き込みます。折れ線グラフが下を向くと、うれしくてやる気が戻ってきます。

食欲を抑える方法

数値で確認するということは、毎日きちんと体重をはかるということです。

体重計に乗れば「私は今、ダイエットをしているんだ」ということを強く意識できますし、体重が確実に減っていることが分かれば、もっとダイエットを続けようと奮い立つことができます。

ここでうまくいくポイントは、体重の増減に一喜一憂しないことです。食事や排便で体重は変化するからです。毎日同じ条件で体重をはかりましょう。

食欲を抑える方法・・・食習慣を見直す

具体的な、食欲を抑える方法を考えてみましょう。

まず、満腹中枢をコントロールすれば、食べる量を抑えることができます。

食欲を抑える方法

脳の視床下部にある満腹中枢は、血糖値が高くなった時だけではなく、胃袋のふくらみ具合に反応して、「もう満腹だから食べるのはやめなさい」という指令を出します。

だから、まずは低カロリーのものを先に食べて胃袋をふくらませ、空腹感をやわらげることができれば、カロリーを摂り過ぎないうちに満腹感を感じることができます。

低カロリーのものを先に食べる

ペコペコの胃を落ち着かせる低カロリーの食べ物は、和食なら味噌汁、洋食ならコンソメスープがいいです。(ポタージュスープは高カロリー)

食欲を抑える方法

~その他の方法~

  • 食べる前に水を飲む。
  • 前菜として、寒天やこんにゃくを最初に食べる。
  • 飴を1個なめて、あらかじめ血糖値を少し上げておく。

食欲を抑える方法

夜の食事は少なめにする

夜、寝ている間は胃腸や肝臓などの消化器官の働きが活発になるので、栄養素が肝臓や脂肪組織で脂肪に変わりやすくなります。

人間の身体は昼より夜の方が、効率よく脂肪として蓄積できるようにできているのです。

だから、夜の食事はできるだけ少なくして、腹八分目を守ります。

とくに、寝る前の3時間は絶対に食べない方がいいです。

つらくても、お腹を空っぽにして寝ることです。早く寝る習慣をつけるといいです。空腹になっても寝てしまえばわかりません。

ながら食いを改める

夕食から寝るまでに何かを食べないで済ますために、「ながら食い」を改めます。

  • おしゃべりしながら食べる
  • テレビを見ながら食べる
  • 音楽を聴きながら食べる
  • 本を読みながら食べる

気がついたら、何かをやりながら食べていることは、けっこうありますね。

「ながら食い」の主役は、ポテトチップスやせんべい、ピーナッツなどのスナック類が多いです。

これらはカロリーが高い食品なので、ながら食いを止めるとダイエットの効果が目に見えて現れます。

食欲を抑える方法

食欲に関係なく、目の前にあるものをつい食べてしまう「ながら食い」は過食癖です。

これを止めるためには、手の届くところにスナック類を置かないことです。

スナック類はダイエットの天敵です。買い置きしないのが一番ですね。

過食癖があると、初めの数日は苦しいと思いますが、しばらく我慢すれば、間食しなくてもよい生活に慣れることができます。ここが頑張りどころです。

早食いの習慣を止める方法

満腹中枢が満腹のサインを出すまで、約30分かかるといわれています。

早食いの癖があると、満腹中枢が満腹のサインを出す前にたくさんの食べ物を食べてしまいます。

満腹感を感じた時にはすでに手遅れの状態で、食べ過ぎてしまっていることになります。

早食いはダイエットに必要な「食欲のコントロール」をしにくくする食べ方です。

~早食いの習慣を止める方法~

  • よく噛んで食べる
  • 食事が終わったら、さっさと食卓を離れる
  • 食事には15~30分程度かける
  • 出来合いのものではなく、手をかけたものを食べる
  • できるだけ低カロリーのメニューの数を増やす
  • できるだけ、二人以上で食事をする

とくに、よく噛む習慣はとても効果があります。

よく噛むと、食欲を抑えるヒスタミンという物質が分泌されて、食べ過ぎを防いでくれます。

ちょっと面倒ですが、だいたい30回ではなく、回数を数えながらきちんと30回噛むようにしてください。

早食いも直ります。

食べるのを我慢するのはつらいですが、それを乗り越えるときれいな身体になれます。

初めの3日間を無事に過ぎれば、あとは続きます。

冷蔵庫に、ダイエットの意欲をかき立ててくれる人の写真を貼って、気持ちをふるい立たせましょう。

食欲を抑える方法 まとめ

絶対に痩せたいという、強い思いがあれば痩せられます。

健康的にきれいに痩せて、昔のスリムな体型に戻りましょう!

ダイエット中の栄養はしっかり摂らないと、きれいに痩せられません。

きれいに痩せるためには酵素ドリンクがおすすめです。また、酵素を摂ると自然と痩せやすくなります。

ダイエットをしてお肌がボロボロにならないように、美肌になる酵素を摂ってください。

酵素ダイエットの方法はこちらに詳しく書いていますので、参考にしてください。 

ベルタ酵素 ファスティングのやり方|私の成功方法教えます

お嬢様酵素ドリンクで置き換えダイエットって効果ありますか?

すっきりフルーツ青汁の飲み方|ダイエットに効く飲み方はコレ!

食べてしまったものをなかったことにしてくれるサプリもおすすめです。

私が実験した結果を詳しく書いているので参考にしてください。

カロリミットって効果ありますか?飲んで試してみました!

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク