ビーグレンでシミが消えた|今あるシミを消す方法とは?

ビーグレン シミ

シミが消えた経験があります。シミ取りの化粧品を毎日こまめに塗っていたら、楕円形の大きなシミがじわっと消えていきました。

今またシミが増えてきて、シミ取りをしなければと考えているところです。年齢を重ねると、広範囲にシミが広がっていきますね。

目を凝らして鏡を見ると、あるある・・・シミが結構点在していました。

SKⅡのカウンターで肌診断をしていただいたときに、シミの予備軍がありますといわれていました。そろそろ、表に出てくる頃でしょう。シミ対策をたてなければ!

スポンサードリンク

シミが消えた過去の経験

まだ40代の初めのころ、頬の上に大きな老人性のシミができてしまいました。娘に「バーサンシミがある!」と言われ、すごくショックを受けました。

若い娘は容赦ありません。バーサンシミですって。

ビーグレン シミ

それから、ハイチオールCを飲み続けましたが、ちっとも消えませんでした。

ハイチオールCは、かれこれ6~7年は飲みましたよ。ハイシーAだとか、当時色が白くなるといわれていたビタミン類も飲みましたが、結局消えませんでした。

もうシミ消しは無理なのではと弱気になっていました。

だから、たいして期待もせずにシミ取りのクリームやら、パウダーをつけていたのですが、なんと!!だんだんシミが薄くなっていくではありませんか!

もしかしたら、長年飲んでいたハイチオールCのLシステインが陰でこっそりと効いていたのかもしれません。

その相乗効果かもしれないのですが、確かにシミ取りクリームを塗り始めて、どんどんシミが薄くなっていき、とうとう消えてしまいました。

本当にシミは消えるんだと、うれしかったですね。

娘に伝えると、「バーサンシミが消えてる!」と驚いていました。

「シミ取り化粧品って効くんだね、すごい。」といっていました。

シミ取り化粧品の効果についてはこちらにも詳しく書いていますので、参考にしてください。

ビーグレンでシミが消えた!cセラムの効果です!

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

「ハイドロキノン」と「トレチノイン」

シミ取りなら、やはり「ハイドロキノン」と「トレチノイン」が配合された化粧品が有効です。

【トレチノイン治療の実際】 文献から抜粋

 実際には難しいが、レチノイン酸を最適量投与することが非常に重要である。レチノイン酸の場合、使用することにより皮膚の反応が弱くなる、いわば耐性toleranceを獲得するため、その皮膚の部位、治療状態に応じて迅速に濃度を変更することを要求される場合も多い。そのため、特に治療初期においては頻繁に(毎週)診察することが求められる。

【治療の適応】

 ほとんどあらゆる色素沈着が治療の対象となりうる。とくに色素の強いものに有効である。自然消退が期待できるものの炎症を伴う強い治療により炎症後色素沈着を誘発する可能性があるため、非常に弱い色素沈着に対しては副作用の少ないマイルドな治療を行うことが望ましい。

東京大学の方式が有名なのでHPを調べました。

トレチノインはシミを消してくれるすごい成分なのです。

古い角質をはがして、メラニン色素を排出してシミを薄くしてくれます。

でも、気を付けなければいけないのがトレチノインの使用方法です。

トレチノインの注意事項がこちら

  • ピリピリ・赤く炎症をおこす副作用があります。
  • 使用中は日焼けNGなので、夜のみ使用してください。
  • 使用中は肌がカサカサになるため、保湿が必要です。
  • 冷蔵庫で保存してください。
  • 2ヶ月で使用を休みます。

本来、トレチノインを使用するにはかなりの注意が必要ですので、医師の診断の元に使用するのがいいのです。

ハイドロキノン配合の美容コスメ

病院に出かけられない場合、シミ対策にはハイドロキノンを使うだけでも、かなりの効果が期待できます。

「ハイドロキノン」には、シミそばかすの原因となるメラニン色素ができるのを抑え、さらにできてしまったシミを漂白する作用があります。

ハイドロキノン配合の美容コスメでおすすめはビーグレンです。

ハイドロキノン配合のシミ取り化粧品をいろいろと使った結果、だんだんシミが小さくなり、とうとう消えてしまいました。

「ハイドロキノン」はトレチノイン療法のようにはがしてシミを消す方法ではないので、シミはゆっくりと薄くなっていきます。

ビーグレンを使うと濃いシミが少しずつ薄くなっていくので、美白スキンケアのなかでは確実に効果を実感できる方法です!

ただし、乾燥肌の人はピリピリする場合もあるので、保湿をしっかりする必要があります。

なので、トライアルセットでお試しするのがおすすめですね。

シミがある部分はターンオーバーができていないために、部分的にメラニン色素が残って、沈着している状態です。

きちんとターンオーバーができれば、メラニンがはがれ落ちてキレイなお肌が表面に出てきます。

レーザー治療を受ける前に自宅でシミ対策

レーザー治療を受ける前に、自宅でシミ対策をやってみませんか?

自宅で積極的にシミのお手入れをすれば、シミは消えます。

ビーグレン シミ

出来てしまったシミでも、美白成分が入った医薬部外品を使えば、時間はかかりますが必ず薄くなります。

b.glenの化粧品は浸透テクノロジーにより、肌の奥まで美容成分を届けることができます。その結果、ターンオーバーが促されて、きれいな肌が肌表面に出てきます。

ビーグレンのトライアルセットはこちらから購入できます。

ビーグレン シミ

ビーグレンの浸透技術は医療レベルです。なので、直接メラニンに働きかけてお手入れができます。

そして、出来てしまったシミを薄くする役割の美白成分がハイドロキノンなのです!

ビーグレンの美白化粧品の魅力は、すでにできている濃いシミを漂白作用でキレイにすることができるところです。

しかし、ハイドロキノンはそのままでは肌になじみません。

ビーグレンの浸透テクノロジーは肌の奥までハイドロキノンを届けることができる技術です。シミに届いてこそ、ハイドロキノン本来の効果を発揮させることができます。

ビーグレンのシミ消し効果についてはこちらにも詳しく書いていますので、参考にしてください。

ビーグレンでシミが消えた!cセラムの効果です!

スポンサードリンク

[ad#ad-2]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク