レチノールクリームの使い方|本当に効くの?年齢肌の悩みが改善!

レチノールクリームの使い方

レチノール クリーム 使い方

レチノールクリームの使い方がわからない?

そうですよね、実は「レチノールクリーム」は日本では売っていません。

レチノールクリームに配合されているビタミンA誘導体(トレチノイン酸)は、日本ではまだ厚生労働省が認可していない美容成分です。

ハワイやグアムのお土産で人気があるのが「ビタミンワールド レチノールクリーム」です。

もし、ハワイのお土産でいただけたら、ラッキーですね。

でも、ビタミンA誘導体(トレチノイン酸)は認可されてない成分なので、その使い方には注意点があります。

レチノールはビタミンAの一種です。

日本で販売されていて、もっと安全に使えるビタミンA類成分配合の化粧品がビーグレンのQuSome(キューソーム)レチノAですね。

スポンサードリンク

レチノールクリームの使い方

そもそも、レチノールって何でしょうか?

レチノールはビタミンAの一種で、線維芽細胞に作用してコラーゲンを増やすお手伝いをします。(コラーゲン生成作用)

アンチエイジング美容液や目元用のしわ対策クリームには、たいていレチノールが含まれています。

レチノールは肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促し、コラーゲンの生成を助けます。

レチノールの効果

レチノールの効果が期待できるのはたるみ毛穴、涙袋、二重あご、ほうれい線などいろいろなたるみの悩みです。

たるみの悩みは、どれも原因はコラーゲンの弾力が弱まって脂肪などを支えきれずにおこるものです。

実はしわもコラーゲンの変性が原因なので、たるみ予防と同じお手入れになります。

レチノールにはコラーゲンを増やす作用があるので、これらの悩みにはレチノール配合の化粧品を使うと効果が期待できるんです。

レチノールクリーム

レチノール クリーム 使い方

レチノールクリームで有名なのがハワイやグアムなどで買える「ビタミンワールド レチノールクリーム」です。

「レチノールクリーム」に入っているビタミンAの含有量はかなり高濃度です。

かなりの濃度(日本国内なら処方箋が必要なレベル)なので、肌が弱い人や生理前の人などは刺激が強くて肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。

さらに、レチノールクリームを使うと紫外線防止が必要になります。

レチノールクリーム使用中は普段より肌にダメージを受けやすくなるので、日焼け止めは必須です。

しっかり塗って、紫外線対策は完ぺきに行わなければなりません。

できれば、夜のみの使用にするのが安心ですね。

レチノール クリーム 使い方

レチノールクリームはビタミンA誘導体(トレチノイン酸)を配合したクリームです。

ビタミンA誘導体(トレチノイン酸)はアメリカで小じわ、シミ、そばかすなどの治療薬として使われていますが、日本ではまだ認可されていません。

(皮膚科など、医師の管理下で処方されます)

トレチノイン酸はレチノールと同じ系統の成分ですが、医薬品なのでより強力な作用をもちます。

認可されていないので、使用するのはちょっと不安になりますね。

やはり、肌が荒れてしまう、赤くなって使えないといった口コミがあります。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

ビーグレンのレチノール製品

レチノール配合の化粧品で特に注目されているのが、シワ、ほうれい線、シミ、ソバカスなどに対する効果です。

まさに、年齢肌のための化粧品です。

アンチエイジングにはレチノール配合の化粧品がおすすめですよ。

ビーグレン「エイジングケアセット」

レチノール クリーム 使い方

レチノール クリーム 使い方

シワやたるみなど、年齢肌の悩みのためにビーグレンの「エイジングケアセット」があります。

目元や額、口元などのシワやたるみの原因は、乾燥による肌のこわばり、ヒアルロン酸やコラーゲンの減少などが絡みあっています。

ビーグレンのQuSome(キューソーム)は、肌の奥にエイジングケアの美容成分を届けることができる、ビーグレンの特許技術です。

~ ビーグレン「エイジングケア」の5つのステップ ~

クレイウォッシュ

レチノール クリーム 使い方

クレイウォッシュは落とすもの、残すものを見極めて、滑らかに洗い上げる「吸着洗顔」です。

天然クレイ「モンモリロナイト」を使った洗顔料です。

泡が立たないのにお肌がツルツルになる、ビーグレンで不動の人気の洗顔料です。

QuSome(キューソーム)ローション

レチノール クリーム 使い方

QuSome(キューソーム)ローションは、あふれるようなうるおいが17時間続きます。

スキンケアの効果を高める高機能化粧水です。

加齢とともに硬くなりがちな肌を柔らかくして、長時間保湿を持続させるエイジングケア化粧水です。

Cセラム

レチノール クリーム 使い方

Cセラムはあらゆるエイジングのサインに素早く応えてくれ、肌力を呼び覚ますビタミンC美容液です。

秒微小カプセルに包まれたピュアビタミンCで、つけた瞬間に頬が熱く感じられます。

透明感を引き出してくれ、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、シミ、くすみなどの悩みに応えます。

QuSome(キューソーム)レチノA

レチノール クリーム 使い方

ビーグレンの「レチノA」は「レチノールクリーム」にも負けない、年齢肌のための進化系ビタミンA美容液です。

2種類のビタミンA類成分を包み込んだ美容液です。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)の極小カプセルで包み込み、ビタミンA類成分を直接角層の奥まで届けます。

2種類のビタミンA

  1. 即効性のレチノールプラス
  2. じっくりパワフルなレチノイン酸トコフェリル

 QuSome(キューソーム)モイスチャーリッチクリーム

レチノール クリーム 使い方

年齢肌の進行を止めてくれる、エイジングケアクリームです。

肌の奥までじっくりと浸みわたる高保湿で、ゆるみがちだった頬にもハリと弾力をもたらします。

スキンケアの仕上げに使うことで、化粧水や美容液の美肌成分を閉じ込めて、効果を長時間にわたり持続させます。

レチノールクリームの使い方 まとめ

レチノール クリーム 使い方

ハワイやグアムなどで買える「ビタミンワールド レチノールクリーム」の使い方には注意しましょう。

ビタミンA誘導体(トレチノイン酸)の濃度が高いので、肌が弱い人は肌荒れを起こすことがあります。

日本で販売されているビーグレンの「レチノA」は、レチノール配合の年齢肌に対応したアンチエイジング美容液です。

テクスチャーはクリームのようですが、美容液なので有効成分が豊富に含まれています。

使い続けると、コラーゲンが生成されてハリのあるお肌になれます。

ぜひ、活用してみてください。

レチノA」はトライアルセットで試せますので、こちらからどうぞ

ビーグレン公式サイトはこちら

レチノールについてはこちらにも詳しい記事を書いていますので、参考にしてください。

レチノールクリームの効果|シミ・しわ・ニキビ跡・毛穴に効きます!

 

レチノール クリーム 使い方 レチノール クリーム 使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加